行政書士試験に独学で合格するために

行政書士試験に独学で合格できるテキストはコレ!!

 

このサイトでは、行政書士試験に独学で合格するために必要な情報をお伝えしています。

 

 

 

無料なので、是非一度御覧くださいね。

 

 

 

通信講座や通学講座で迷われている方も、これなら独学で合格できそうだ。
と、無駄な費用を掛けずに行政書士試験に合格できるかも知れませんので…。

 

 



 

※10秒後には、入力していただいたアドレスにPDFマニュアルが届きます。
  完全無料なのでご安心下さい。

 

 

 

 

 

一般的には、行政書士試験は資格予備校でしっかりと体系的に学ばなければ
合格出来ない資格といわれています。

 

これは、ある意味、正しく。ある意味正しくないとも言えます。

 

 

資格予備校のメリットを先にあげておくと
講師という指導者がいることで、合格までの道のりを上手くナビゲートしてもらえる。
ということが、1番のメリットになります。

 

スケジュールの組立やペース配分、やる気が出ないときに励ましてもらえる。
こういったことは、なかなか独学の勉強では上手く出来ません。

 

また、テキストを読むだけでは理解し難いところを
講師に聞くことで時間を取られずに疑問を解決することができます。

 

 

言い換えれば、挫折することを防ぐことができるということです。

 

 

 

他には、行政書士試験の本試験に出やすいところ、狙われやすいところを
ピンポイントで教えてくれる。

 

こんなことろが、行政書士予備校のメリットでしょうか。

 

 

しかし、

 

ここまで、読んできて気づかれた方もいらっしゃると思いますが、
行政書士試験レベルであれば、
この辺りさえ自分でクリアーできる人ならば、
何も資格予備校や通信講座を受講する必要は無いということです。

 

 

 

高額な費用を支払わなくても行政書士試験には合格できるのです。

 

何故ならば、合格するためのハードルが決まっているから。

 

 

具体的には、

 

法令科目で122点以上あること、一般知識で24点以上あること。

 

その上で、合計で180点以上あること。

 

 

詳しくは、財団法人行政書士試験研究センターのホームページを
ご覧頂ければと思うのですが、

 

 

『上位何名を合格させる』『上位何割を合格させる』

 

といった相対評価の試験ではなく、絶対評価の試験だからです。

 

 

極端な話、全員が、合格点を取ることができれば、
全員が合格できる試験だということです。

 

 

ですから、正しい情報を入手することができ、
合格までのスケジュールも自分で立てることができ、
試験日までモチベーションを維持しながら勉強を続けることができれば
良いだけです。たったこれだけのことなのです。

 

これだけのことですら、自信がないという人は、
行政書士試験の専門の資格予備校がいくつかありますので
そちらを活用した方が良いでしょう。

 

 

でも、自分なら何とかできるかも知れない。

 

 

と、少しでも思った方は、是非独学で行政書士試験にチャレンジして下さい。

 

 

 

行政書士試験に短期間で独学合格できる秘訣に興味のある人は、

 

こちらから、
テキストマニュアルを無料ダウンロードしてみると良いでしょう。

 

 

 

苗字


例)神谷 

メールアドレス


例)shurei_info@yahoo.co.jp

 

メールアドレスを入力して、送信すると

弊社のメールマガジンに登録されます。

 

 

※10秒後には、入力していただいたアドレスにPDFマニュアルが届きます。
  完全無料なのでご安心下さい。

 

 

 

 

このマニュアルでは、
独学で、合格するための効果的なテキストの選び方や
過去問題集の独学ならではの活用法も教えてもらえます。

 

 

 

 

 

フォームが開くならまだ間に合いますので、
是非、予備校では絶対に教えてもらえない独学勉強術テキストを手にとって、

 

独学で行政書士試験にチャレンジしてみて下さい。

 

 

 

あなたの合格を心よりお祈りしています。

 

 

 



 

 

※10秒後には、入力していただいたアドレスにPDFマニュアルが届きます。
  完全無料なのでご安心下さい。